ホワイトラグジュアリーはアトピー肌でも使用できるのか?

MENU

ホワイトラグジュアリーはアトピー肌でも使用できるのか?

アトピー肌だと痒くなってしまい、掻いてしまってそれが黒ずんでしまったりしますよね。
昨今はアトピー患者さんが増えているようで、掻いてしまった後の色素沈着に悩んでいる人は非常に多いようです。
アトピーによる黒ずみはホワイトラグジュアリーで解消することはできるのでしょうか?
アトピーの黒ずみの原因とは?
アトピー肌はただ肌が痒く、カサカサするだけでなく、肌の色を黒くしてしまうというまた別の悩みも生んでしまいます。
アトピー肌を掻いてしまうと色素沈着が起きてしまうその原因は、「炎症」によるものです。
肌はダメージを受け、炎症反応が起こるとメラニン色素という黒い成分を生成します。これがアトピー肌による黒ずみの原因です。
通常の健康的な肌の場合、ちょっとしたダメージでは、メラニン色素は生成されません。しかし、アトピー肌や敏感肌といった肌は元々弱く、少しのダメージでも身体を守ろうとメラニン色素を一生懸命作り出してしまいます。
それにより、アトピー部分が黒ずんで色素沈着してしまうのです。
はアトピーに効く?
ホワイトラグジュアリーの黒ずみを消す原理はメラニン色素の生成を抑制しつつ、肌のターンオーバーを正常化させることによって黒ずみを消していきます。
これは有効成分トラネキサム酸の効果によります。
本来肌がダメージを受けてメラニン色素が生み出されたとしても、肌のターンオーバーが正常な状態では、約28日間で元通りの肌に戻ります。ですが、加齢や生活習慣の乱れ、そして肌へのダメージにより、お肌のターンオーバーが乱れていきます。そうすると、作られたメラニンが蓄積されてそのまま滞在した状態が続いてしまいます。
ホワイトラグジュアリーは残っているメラニン色素を分解しつつも肌のターンオーバーを正常な状態に戻し、美白に導きます。
また、保湿成分も配合されているため、乾燥しやすいアトピー肌の方にも安心して使うことができる美白クリームといえるでしょう。
炎症を抑えて、生活習慣を改善することも重要
このように原理上は、ホワイトラグジュアリーはアトピー肌の黒ずみを消すことはできます。
しかしながら、自身のアトピー肌のケアを怠ってしまうと、ホワイトラグジュアリーを使ったとしても効果は期待できません。
そのため、炎症を抑えつつも、生活習慣を改善することによって相乗効果が期待できます。
肌の炎症を抑える
アトピー肌の色素沈着による黒ずみを防ぐには、炎症をいかに抑えるかが重要になります。アトピー肌は乾燥し、カサカサしていることが最も肌が弱る原因の一つなので、しっかりと保湿を行いましょう。また、あまりにも症状がひどい場合は、医師からステロイド剤を処方してもらい、正しい用法を守ることも必要不可欠なことです。
また、普段から使っているボディソープや洗剤を見直しましょう。渡航に界面活性剤が使用されているものは、肌へのダメージも強く避けるべきです。アルコールやパラベンを使っているものも皮膚への刺激が強いため、避けるようにしましょう。
生活習慣を改善する
睡眠や適度な運動は身体を引き締め、健康な状態を保つことができるようになります。
それだけでなく、食事を改善することによって、より弱ったアトピー肌を強い肌に生まれ変わらせることができる可能性があります。色素沈着による黒ずみが気になる方は、特にビタミンAやB、C、Dを積極的に摂取するようにしましょう。
また、ビオチン(ビタミンH)はお肌や粘膜の健康維持を補助する栄養価として高い評価を受けており、「美容のビタミン」とも呼ばれています。過去にとある女優さんが皮膚病を治すために頻繁に利用していたと話題になった栄養素です。
このようにビタミン類を沢山摂ることが重要ですが、食事だけですべて摂取することは難しいため、サプリメントで補助するようにしてみてください。
まとめ
ホワイトラグジュアリーは原理上はアトピー肌を改善することは可能です。
ですが、ホワイトラグジュアリーを使うだけで、すぐに良くなるとは限らないの事実です。
ホワイトラグジュアリーのケアと並行して、炎症を抑えながら生活習慣を改善していくのが、最も効果が期待できるのではないでしょうか?